教養としてのプログラミング講座 その2

プログラムの基礎パーツは、

・処理

・分岐

・ループ

 

実社会で、

一つに見える処理でも、3種のパーツに着目し、いくつかの要素に分けると、

必要な時間が想定しやすく、

段取りがよくなる。