一つの問題には

多くの「解決しなければならない課題」が含まれている。

その課題の中からいちばん重要なものは何か、あるいは外していいものは何か、見極めることが意思決定のスタート。