アルゴリズムにも適用

計算時間を削減したい場合、

全体の処理がどのようなパターンの組み合わせになっているか

書き出してみることで、

どこを削減するのが効率的か

わかる