大切なのはオリジナルな商品ではなく、だれかの役に立てる商品

なるほど