オーダー O(1)

数表

 

九九の数表

 

入力値と出力の対応表があると、答えを数表から読み取るだけなので

オーダー1で済み、

非常に高速な処理が可能。