ある作業を繰り返すこと

現実でもよくあること。

しかし、関数のように、ある作業に新しい意味を与え、

そのうえで繰り返し使う、という手順はなななかない。

 

これがプログラミングの神髄、

さまざまな作業を関数で整理していくことで、

全体の構造をすっきりさせ、

能率を格段に上げることができます。

 

何度も記載する必要が無く、

格段に生産性が上がる

 

書籍の別ページ参照などの表記も。

Scratchでは「部品」。