専用の道具

プロになれる技術を身に着けた後なら最高の道具を、

そうでないなら最高の道具も最高にならない。

 

素人であれば、その人のための専用の道具を使う。